私の仕事 ぱそこんに、、、

さて、今回のプログラムはコンバーター。CADデータの雑多な加工仕様を、いくつかをまとめて減らし、機械制御に渡すデータを作成する。建築CAD からは、同じ形の加工がさまざまな場面で発生する。たとえば、水平に接合するもの、それ以外の物(登り梁という)。突起が1つの物、2つの物、3つの物。上からはめる物、下からはめる物。それらのデータをまとめて、細かい差異をパラメーターで定義する。モーションの種類が減って、管理がしやすくなる。不具合の修正も一つで済む。

ATKY02

目的のプログラムを造るまで、そのプログラムだけでOKというわけではない。確認やテスト用のプログラムをいくつか作らないといけない。それは、ユーザーの欲しいものとと自分の提供したい物と仁、ずれがあるかも知れないのだ。また、テスト用データをもらってはいるが、実際のものとは微妙に違っていることがままある。新しい仕様に合わせて改変したりするのだ。また、これ以後に、新しい機械を見て、新しい提案も出てくる。そのときにきちんと対応するために、いくつかの補助プログラムを作成する。今回は、実作動以外に+3つプログラムを作った。上絵はそのうちの一つ。絵で見てお話しするのは有効なのだ。また、データから実際の加工を+-どちらにするかは、よく迷うところ。

これらは納品させて頂いたが、これ以外に打ち合わせ段階で作成したプログラムが3本仕様変更でボツになった。今回の仕事で7本手元にできた。最近のプログラムは使い回しができるから便利だ。関数ライブラリが増えた。

上記の絵のプログラムも、この前の仕事であった丸太加工機で、四苦八苦して造った物だ。今回はこれの整理もできた。最初の時は何かとごちゃごちゃと収拾が付かないのだ。2回目になると整理が着いてくる。

広告

nagasaqa について

kudeju woodwork
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中