Eye-Fi  カメラ画像を自動転送

 Eye-Fi という技術が出来たらしい。昨年くらいなのだろうか。これは、SDメモリーカードに通信機能を内蔵したもの。SDHCという最近の規格のSDカードなのだが。このSDカードをカメラに挿しておくと(カメラのメディアがSDカードであることが条件だが)、どこでも写した写真があらかじめ登録した無線LANの近くに来ると、自動でパソコンに転送されるもの。で、写した写真を移すときカメラからSDカードを抜く必要がなくなる、と言う事だ。また、SDカードスロットが無いパソコンでも使えることになる。転送した写真はカメラのSDメモリにも残っていて、私のは4GBの容量だ。これからはカメラ内で消去することになる。

 SDカード内に、通信回路とプログラムが入っている。もともとメモリー回路なので、場所さえあれば組み込めるのだけど、内部でプログラムを実行してしまうのは、驚きだ。電圧だって低くてシャッターとか動画、フラッシュなどで電圧降下は起きないのだろうか。それでもメガ単 位のデータを数秒で転送してしまうとは、驚きだ。小さくなれば発熱も問題となってくる。

 しかし、おもしろい。ちなみに、巷の量販店には置いてなかった。わたしは、amazon で買った。設定にちょっと戸惑ったけど、快適になりそうだ。

 私の場合の問題は、パソコンの空き量が少なくて、メガ単位の写真をどんどん送られるとHDDが満杯になってしまうという悩みだ。これまではパソコンへの転送時にトリミングや縮小をやっていた。これからは勝手にやってくれるので、時々注意しないと行けない。

広告

nagasaqa について

kudeju woodwork
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中