windows7 のパーティション復活

えらい! ファイナルデータ10 活躍。

パソコンのドライブC が心許なくなってきた。ドライブD を減らして、ドライブC 

を増やそうとした。windowsXP では慣れた仕事だったし、起動できなくてもちょっとしたおまじないを知っていれば大丈夫さ、と気楽に始めた。ツールを使って始めたところに来客。待ち時間がつぶれてちょうどいいや、と甘く見た。windows7 は初めてだったのだ。これまで、ドライブC が起動できないことはままあって、心配していなかった。ところが思わぬ伏兵に出会った。

 来客に対応中に、作業は終わって、勝手に再起動していた。何かしらメッセージがあったかも知れない。起動した画面を見て、蒼白。ドライブD がない。ドライブD はデータが入っている。これが消えたことは一度もない。だって、ファイルテーブルも書き換えない。先頭と最期のセクタ番号を書き換えるだけなのだ。しかし、ツールはwindowsNTの頃のもの。でもファイルシステムは変わっていないから、windows7だろうと、UNIXだろうと通じるはず。ただ、DELL パソコンはリカバーと診断用に、独自のブートシーケンスを組んでいる。しかしそこは触っていない。

 とはいうものの、ドライブD が無い。クリックすると、「フォーマットしますか」と聞いてくる。それは最終手段。救える者は救っておきたい、バックアップがあってもだ。何をするにせよ、200GBは長い。あれこれしながらあしかけ3日。データがあることは確認できた。

 ワラをもすがる想いで、「FinlData10 」を購入。起動すると、目を疑うほど容易に、ファイル一覧が現れた。これだこれこれ。あとは復旧そうさをして一晩。消えたデータを救い出せた。

 こう言ったときの数種のツールを持っているが、それぞれ得意不得意がある。今回のマウントできないファイルテーブルの探索は、「FinalData」 が得意なようだ。救い出したあとはフォーマットして、再度書き戻す。めでたしめでたし。

 ちなみに。windows7 は、パーティション分割をOSで標準で持っている。コントロールパネル> 管理ツール> コンピューターの管理 >記憶域> ディスクの管理

 OS標準なので悪さはしないだろうと思う。しかし、クセがあるようで、てんで勝手には出来ない。使うときはバックアップ後に、覚悟して使うと良い。

広告

nagasaqa について

kudeju woodwork
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中